積水ハウス ビエナ 価格

積水ハウス・ビエラシリーズの特徴と価格帯

3階建て住宅は、日本の場合、狭小地なども多い為に需要がとても多くなってきました。スペースをより多くしたい場合や、カースペースを自宅に設けたい場合などが増えてきた事なども大きな理由となっています。

 

 

 

しかし、3階建て住宅や、ビルドインガレージなどを建物に組み込んでいく場合、やはり建物全体の構造が丈夫である事が必須条件となります。この構造面での安全をクリアする為には、当初からビルドインガレージ向けのシリーズを展開しているハウスメーカーが最も安心と言えるでしょう。

 

 

 

積水ハウスのビエナシリーズは、都市型の住宅をコンセプトとした3階建て住宅を展開しています。構造は鉄骨住宅なので、3階建て住宅には向く構造とも言えます。木造住宅でも3階建て住宅は建築する事ができますがやはり性能面では鉄骨を利用した方が有効と言えます。

 

 

 

さらに、積水ハウスの3階建ての構造は、一般的なラーメン構造よりさらに進化した、βシステム構造を採用している事が大きな特徴でもあります。一般的なラーメン構造は通し柱が同じ位置での設計になりますが、βシステムの場合、この通し柱がいらず、自由な空間を造ることができるのです。

 

 

 

ですので、今まで困難であった間取りの問題などが解消され、吹き抜けのお洒落なリビングなどの大空間を造る事もできるのです。ビエラシリーズは、さらにバルコニーなどにも大きさがある程度確保できたり、間取りの自由空間が作りやすい事も特徴なのです。

 

 

 

また、ビルドインガレージなどを造る場合にも、施工例が多い事なども大きな要素でしょう。

 

 

 

しかし、建築を進めたい場合、やはり気になるのはビエラシリーズの価格帯でしょう。ビエラシリーズの価格帯は70万円から80万円代とも言われています。最初から3階建てのモデルケースがなく、改めて設計するよりはオプションプランが少なくて済むのはメリットでもあります。

 

 

 

しかしながら、やはり他メーカーの3階建てプランとの価格の比較検討をしてみる事は最も大切な事でもあります。さらに、設備やオプション追加によっても価格が変わるので、この部分もよく検討してみる事がとても大切です。