積水ハウス 価格

無料!積水ハウスや他のハウスメーカーの間取りプランや支払総額を比較

 

戸建住宅の最大手である積水ハウス。そのブランド力の影響か、坪当たり単価は業界の中でも比較的高い部類に位置します。

 

 

 

基本的には木造→軽量鉄骨→鉄筋コンクリートの順に高くなっていくのですが、相場としては、おおむね50万円代後半から、60?70万円/坪程度を目安にしておく必要があります。

 

 

関連ページ
積水ハウスの値引きについてはこちら→積水ハウス 値引き

 

 

このような比較的高い価格帯の住宅ではありますが、その要因としては大きく3点を挙げることができるかと思います。

 

 

 

まず、単純なことですが、最大手であることの安心感・信頼感があります。それほど多くはないかもしれませんが、施工後に欠陥が生じた場合など、積水ハウスを始めとする大手ハウスメーカーではきめ細やかな対応を期待できます。一方で、小規模な地元密着型の工務店などは価格相場は安い場合が多いですが、万全のアフターケアはあまり期待できません。

 

 

 

また、様々なブランドとその中での柔軟性の高さもも高価格帯である理由の一つです。

 

 

 

一般的な2階建て住宅を中心として、複数世代が暮らすことを想定した3階建て以上の住宅、そして平屋までといった形式の部分と、建築工法によって複数の商品ラインナップを用意しています。

 

 

 

最近、話題になっているシャーウッド構法は最新技術を駆使した木造建築の方法で、木造住宅の需要が高いシニア層を中心に人気が高いものとなっています。

 

 

 

そして、最後に最大の特徴として、最先端の技術を使い、より住みやすい家を実現している技術力の高さが挙げられます。

 

 

 

例えば、さきほど挙げた「シャーウッド構法」は従来の木造住宅では基本中の基本とでも言うべき「土台」が省略され、

 

 

 

建物本体の部分と基礎の部分が直接接続されている「基礎ダイレクトジョイント」という新技術が使われています。

 

 

 

この構法を採用することで、従来の木造住宅よりも遥かに耐震性の高いものとなっています。

 

 

 

このような新技術は長い歴史のある積水ハウスの経験と技術の積み重ねの上に出来上がったものであり、このような部分の安心と信頼が大手ホームメーカーの中でも比較的高い価格相場につながっているのです。

続きを読む≫ 2014/03/04 23:31:04

3階建て住宅は、日本の場合、狭小地なども多い為に需要がとても多くなってきました。スペースをより多くしたい場合や、カースペースを自宅に設けたい場合などが増えてきた事なども大きな理由となっています。

 

 

 

しかし、3階建て住宅や、ビルドインガレージなどを建物に組み込んでいく場合、やはり建物全体の構造が丈夫である事が必須条件となります。この構造面での安全をクリアする為には、当初からビルドインガレージ向けのシリーズを展開しているハウスメーカーが最も安心と言えるでしょう。

 

 

 

積水ハウスのビエナシリーズは、都市型の住宅をコンセプトとした3階建て住宅を展開しています。構造は鉄骨住宅なので、3階建て住宅には向く構造とも言えます。木造住宅でも3階建て住宅は建築する事ができますがやはり性能面では鉄骨を利用した方が有効と言えます。

 

 

 

さらに、積水ハウスの3階建ての構造は、一般的なラーメン構造よりさらに進化した、βシステム構造を採用している事が大きな特徴でもあります。一般的なラーメン構造は通し柱が同じ位置での設計になりますが、βシステムの場合、この通し柱がいらず、自由な空間を造ることができるのです。

 

 

 

ですので、今まで困難であった間取りの問題などが解消され、吹き抜けのお洒落なリビングなどの大空間を造る事もできるのです。ビエラシリーズは、さらにバルコニーなどにも大きさがある程度確保できたり、間取りの自由空間が作りやすい事も特徴なのです。

 

 

 

また、ビルドインガレージなどを造る場合にも、施工例が多い事なども大きな要素でしょう。

 

 

 

しかし、建築を進めたい場合、やはり気になるのはビエラシリーズの価格帯でしょう。ビエラシリーズの価格帯は70万円から80万円代とも言われています。最初から3階建てのモデルケースがなく、改めて設計するよりはオプションプランが少なくて済むのはメリットでもあります。

 

 

 

しかしながら、やはり他メーカーの3階建てプランとの価格の比較検討をしてみる事は最も大切な事でもあります。さらに、設備やオプション追加によっても価格が変わるので、この部分もよく検討してみる事がとても大切です。

続きを読む≫ 2014/03/04 18:42:04

積水ハウスは知名度や実績で他のハウスメーカーを圧倒しているので、名前を聞いただけで安心感を得られます。

 

 

 

積水ハウスは鉄骨と木造住宅があり選択の幅があることはうれしいポイントです。

 

 

 

積水ハウスの注文住宅の価格については、高いという印象を受けます。坪単価で70万から80万円程度が目安となることが多いです。

 

 

 

価格が高い部類となりますが、大手ハウスメーカーであれば、基本的に同じ位の値段となるので、値段をさげようと思えば設備やサイズなどで下げることも可能です。

 

 

価格が高くなる理由の一つとして、広告宣伝費などがあります。実際にテレビなどでも宣伝を多く見かけます。

 

 

 

販売戸数トップというだけあり、営業マンも多くいます。営業経費などがかかることから、価格が上がる要因となっています。

 

 

 

積水ハウスの注文住宅が高いとはいえ、納得できる品質であると言えます。

 

 

 

注文住宅としての自由度もあるので、希望にあう間取りや内装などを取り入れることが可能です。鉄骨や木造住宅の選択があり、その中でも複数の商品に分かれているので、選択の多さもメリットとなります。

 

 

 

建築材料などはあらかじめ決められたものから選択していくことになるので、全てを自由に決められるというわけではありませんが、よほどのこだわりがない限り満足ができるレベルです。

 

 

 

ある程度決まったプランの中から工法や資材などを選択していけるので、住宅についてあまり詳しくない人でも自由度のある家作りができます。

 

 

 

ある程度の値引きや、設備費用を削って安く家を建てようとすることもできますが、構造躯体に関わる部分はきちんとした計算により強固につくられるので、

 

 

 

どうしてもある程度の値段はかかってしまいます。長く快適に住み続ける住宅を得られるという点では、魅力的なメーカーなので安心できます。

 

 

 

保証もしっかりとしており、カスタマーズセンターがアフターをしっかりと対応してくれる点もうれしいです。

 

 

 

高い価格の中には、技術力や自由度、保証などさまざまな魅力が詰まっています。

続きを読む≫ 2014/03/04 18:40:04

積水ハウスは販売戸数で一番と言われるほど、多くの戸建てや集合住宅を建築しています。

 

 

 

そのため、大手ハウスメーカーというブランドや、実績から安心感があります。

 

 

 

積水ハウスは鉄骨と木造があるので、希望に応じて選択できます。鉄骨と木造を比べた時に、一見木造のほうが安いと思いがちですが、積水ハウスの木造住宅であるシャーウッドは、鉄骨よりも若干高くなります。

 

 

 

シャーウッドは他のメーカーの木造住宅と比較した場合に、特徴的な部分があり魅力が大きいです。

 

 

 

一見他の木造住宅と同じように見えますが、最大の特徴は基礎と柱を直接つないでいるので、地震などにも強いです。通常の木造住宅では、基礎と柱の間に土台がありますが、それをなくしてダイレクトに接合しています。木造同士の接合もしっかり行われているので強度が増しています。

 

 

 

シャーウッドの価格は木造住宅としては高い部類となりますが、木造と科学を融合した魅力あるつくりなので、値段以上の価値があります。

 

 

 

シャーウッドの特徴の一つとして、陶版外壁ベルバーンを選択できることです。

 

 

 

重厚なおもむきのある外壁は見た目においても魅力的ですが、性能についても優れています。火災に強く衝撃にも強いです。

 

 

 

陶器でできていることから、劣化に強いのでメンテナンス費用が低減できます。外壁は長い年月とともに劣化してくるので、必要に応じてメンテナンス費用がかかります。ベルバーンは外壁としては高価ですが、メンテナンスフリーを考えれば、とても価値があります。

 

 

 

積水ハウスの販売戸数が多いのは、それだけ魅力的な商品だからです。シャーウッドの価格は高いですが、従来の木造住宅には無い特徴があるからです。

 

 

 

注文住宅として自由度もあるので、さまざまな要望にも融通がききます。

 

 

 

 

地震などにも耐えられるように、しっかりとした計算をもとに建築されています。柱は集成材を使用しており、経年変化による狂いが少なくなります。

 

 

 

シャーウッドは気のぬくもりを感じることができ、さまざまな特徴を兼ね備えた住宅です。

続きを読む≫ 2014/03/04 18:37:04

積水ハウスが提供している商品の価格帯について紹介します。

 

 

 

積水ハウスといえば、創業から1960年代まで販売されていたセキスイハウスをはじめ、グランドメゾン、シャーメゾン、シャーウッドといったRC造、木造の一戸建て、アパート・マンションの集合住宅の大手企業です。

 

 

 

その、積水ハウスの価格帯は、商品や構造によって分散されている傾向にあります。

 

 

 

低価格帯のところが、Mナチュラで1坪あたり55万円です。

 

 

 

Mナチュラは木造軸組構造のシャーウッド構造の2階建ての木造住宅です。

 

 

 

同じ1坪あたり55万円の商品が、BeFreeです。

 

 

 

BeFreeは、鉄骨軸組構造のユニバーサルフレームシステム構造の2階建ての木造住宅ですが、1坪55万円から65万円の価格帯です。

 

 

 

一番高い価格帯が、IS STGE、BIENAの1坪あたり85万円です。

 

 

 

IS STAGEは、鉄骨軸組構造のユニバーサルフレーム構造の一戸建て住宅です。

 

 

 

IS STAGEと類似商品のIS ORDERは、構造はIS STAGEと同じですが、価格帯が1坪75万円から80万円です。

 

 

 

BIENAは、重量鉄骨構造のβシステム構造の3階建てのRC造住宅です。

 

 

 

1坪あたり75万円から85万円です。

 

 

 

BIENAのβシステム構造は、従来のラーメン構造をフレキシブルに自由な構造を実現できた事により、施工の幅が広がることからコストにも幅が広がることにより、1坪あたりの坪単価に開きがあります。

 

 

 

他には、平屋住宅でシャーウッド構造の木造住宅緑の家は、1坪あたり75万円から80万円です。

 

 

 

同じくシャーウッド構造の2階建て木造住宅のエム・グラヴィス・ステージは1坪あたり75万円から80万円、グラヴィス・ベルサは、1坪あたり60万円から65万円です。

 

 

 

一番高い価格帯は85万円で、一番低い価格帯は55万円ですので、55万円から85万円の価格帯が積水ハウスの価格帯の相場だといえます。

 

 

 

構造や邸宅、2階建てといった造りで価格は異なりますが、住宅の外観や内部の邸宅感、商品バリエーションなどを考慮すると、他のハウスメーカーよりは、やや高めに感じるところはあります。

続きを読む≫ 2014/03/04 18:34:04

積水ハウスはブランド力があり、知名度、信頼感、安心感から積水ハウスを選ばれる方も多いようです。

 

 

 

積水ハウスの価格はハウスメーカーの中でも高いですが、現在住宅業界1位の引渡し棟数を誇っています。

 

 

 

ハウスメーカーはデザインや性能に限らずに材料もメーカー専用で開発・設計されたものを採用している場合が多く価格は高くなりますし、

 

 

 

ハウスメーカーでは人件費や広告費、宣伝費、展示場の維持費などが価格に上乗せされておりどうしても価格は高くなってしまうのです。

 

 

 

積水ハウスの坪単価は建物の種類や家の形でも値段は異なってきますが、積水ハウスで建てる場合の坪単価は65万〜80万円が目安だと言われています。

 

 

 

ちなみに坪数の少ない家だと単純に坪単価はあがりますので、同じ設備でもっと広い家の場合は坪単価を下げることができますし、家の形はストレートな形の方が価格を抑えることができるようです。

 

 

 

マイホームは一生に一度であろう大きな買い物ですから、どうせ注文住宅を建てるなら納得のいくものをつくりたいですが、

 

 

 

予算に余裕がない場合はコストを抑えることばかり重視してしまい満足のいく家ができなかった、、、なんてこともあり得ることです^^;

 

 

 

坪単価以外にカーテン、照明、外構などのその他の諸費用を含めて総額でいくら必要なのか?ということを把握した上で検討されるといいですよ。

 

 

 

積水ハウスでは同じものを工務店やローコスト住宅で建てるより高いのは確実です。

 

 

 

同じ条件で工務店などに相談すれば確実に安く家を建てることができます。

 

 

 

ですが、最終的には自分がその金額出しても住みたい家か?それなりの価値を感じているのか?ということも重要ですからそれらも踏まえた上で検討されていくと満足のいく家づくりができると思います。

続きを読む≫ 2014/03/04 18:31:04

積水ハウスは知名度もありブランド力もありハウスメーカーの中でも価格は高いです。

 

 

 

部材などの違い、広告、宣伝、人件費などの経費の違いによって、どうしても値段が高くなってしまう傾向にあります。

 

 

 

これは積水ハウスに限らずに他のハウスメーカーでも言えることなのですが^^;

 

 

 

積水ハウスで注文住宅を建てる場合に坪単価は65万〜80万円が目安だと言われていますが、

 

 

 

こだわりが沢山ありオプションを沢山採用すると坪単価が80万円を超えてしまうこともあります^^;

 

 

 

ちなみに坪単価は床面積が小さいと割高になってしまうようです。

 

 

 

そして安くするには総二階の真四角にすると価格を抑えることができると言われています。

 

 

 

建物の本体価格以外に設計費、外構、照明、カーテン、その他の諸経費など、

 

 

 

建物以外の費用が結構かかりますので、総額でいくら必要なのかということを考えておく必要があります。

 

 

 

積水ハウスで建てたいけれど予算がギリギリだと、かなり部材の選択で制限があったり、

 

 

 

注文住宅であっても妥協しなければならない部分も多く、結果注文住宅とは程遠い状態になってしまうということもあり得ることです^^;

 

 

 

最後に積水ハウスの値引きに関してですが、実際に積水ハウスで建てられた方の口コミ情報をチェックしていると多少の値引きは期待できるようですね(* ̄ー ̄)

 

 

 

値引きを引き出すテクニックとして他社と競合させることです。

 

 

 

競合相手として最大のライバルである大和ハウスを選ぶとより効果的なようです^^

 

 

 

積水ハウスの図面などを見せて同等のプランを作成してもらい、見積もりを出してもらいましょう。

 

 

 

ハウスメーカーによっては同等のプランであっても値段差に大きな違いが生じる場合もありますので、見積もりは複数のハウスメーカーで出してもらい比較すると非常に参考になりますよ(* ̄ー ̄)

続きを読む≫ 2014/03/04 18:29:04

積水ハウスでは二世帯住宅にも対応しています。

 

 

 

二世帯住宅と言っても二世帯のスタイルは様々ですが、

 

 

 

玄関は一つでその他の設備を分けるプランや、玄関や水廻りなどの設備を完全に別個にしたプランもあります。

 

 

 

このあたりはどのような二世帯住宅のスタイルにするか、生活形態や価値観によって変わってくるかと思います。

 

 

 

そして二世帯住宅といっても、1階や2階を世代を分けたり、左右に分けたり、共有スペースをつくったりと間取りは様々です。

 

 

 

二世帯住宅には様々なスタイルがありますので価格については一概には言い切れないのですが、割高だと言われています。

 

 

 

二世帯でキッチンやお風呂、玄関などを二箇所づつつくる場合はそれだけで価格も高くなりますし、地盤改良や外構などを含めると更に価格は高くなります。

 

 

 

そして玄関を二箇所つくる場合は金額が加算されますし、家づくりにおいて親世帯、子世帯の要望をできるだけ入れようとすると当初より金額が高くなってしまうというケースも少なくありません^^;

 

 

 

基本的にハウスメーカーでは展示場経費、人件費、広告費、宣伝費などの様々なコストが上乗せされており価格は高いです。

 

 

 

大手ハウスメーカーで二世帯住宅を建てる場合は、かなり高額になることが多く、解体や外構は他に依頼されるという方もおられます。

 

 

 

ハウスメーカーで二世帯を建てたいけれどコストも抑えたいという方は、外溝や照明、カーテン、太陽光、エネファーム、冷暖房などは自分で業者探すとハウスメーカーよりは確実に安くできると思います。

 

 

 

しかし業者を探し、打ち合わせなどの手間はあります^^;

 

 

 

ちなみに積水ハウスで建てる場合の坪単価は65万〜80万円が相場だと言われており、ハウスメーカーの中でも価格は高い方です。

 

 

 

そんな積水ハウスの二世帯住宅となればかなり価格が高くなることが予想できますね^^;

 

 

 

※最後に、二世帯住宅には二世帯住宅にしかない良さがあると思いますが、実際に二世帯でトラブルが多いというのも事実なようで、実際に二世帯で住まれている方のリアルな口コミなど事前にチェックしておくことをお勧めします。

 

 

 

二世帯のメリットとデメリットをしっかりと把握された上で、どうするか検討された方がいいですよ(* ̄ー ̄)

続きを読む≫ 2014/03/04 18:28:04

積水ハウスでは生活スタイルに合わせて様々な種類のラインナップが用意されており、
平屋住宅にも対応しています^^

 

 

 

平屋の最大のメリットとしてバリアフリーだということがあげられますが、将来歳をとった時の事を考えて平屋住宅を選ばれる方も多いようですね。

 

 

 

積水ハウスの平屋住宅には木造住宅と鉄骨住宅の二種類のラインナップが用意されています。

 

 

 

どちらも希望に合わせたプランに対応しており、間取りから設備、仕様、デザインや内装などの細かい部分にまでこだわることができます。

 

 

 

一般的に平屋は総2階建てに比べて割高になると言われていますが、積水ハウスの平屋の価格の相場はどれぐらいなのでしょうか?

 

 

 

価格はプランや面積によって異なりますので一概には言い切れませんが、坪単価は80万円〜が相場となっているようですね。

 

 

 

生活スタイルに合わせて必要な設備費用が大きく変動しますので、坪単価はあくまで参考程度にしておいて下さい^^;

 

 

 

積水ハウスで2階建て住宅を建てる場合の坪単価は65万円〜となっていますので、やはり平屋は割高です。

 

 

 

なぜ同じ面積の住宅と比べると平屋の方が2階建てより高くなるのかというと、

 

 

 

屋根と基礎については、2階建より平屋の方が同じ面積であれば広く必要になってきますが、屋根と基礎は住宅のコストの中で大きな割合を占めており、

 

 

 

建物の坪単価では平屋の方が割高になってしまうというわけです^^;

 

 

 

そしてハウスメーカーで平屋を建てる場合は基本的に高額になりやすいです。

 

 

 

ハウスメーカーの多くは2階建て住宅に対応しており、平屋の場合は完全に注文住宅になってしまうケースも多く、材料の大量発注の面で不利になることもあるのです。

 

 

 

大手ハウスメーカーで平屋を建てるとどこも高くなりがちですから、価格を抑えることを重視されるのであれば工務店などを検討するという選択肢もありますよ!

 

 

 

マイホームは一生に一度であろう高い買い物ですから後々後悔しないように、複数社で見積もりを出してもらった上で検討される方がいいですよ(* ̄ー ̄)

続きを読む≫ 2014/03/04 18:26:04

大抵の方はマイホームを計画する時まず2階建て住宅という選択肢になると思いますが、

 

 

 

都会で土地に限りがある場合やその他の事情によって2階建てでは面積が不十分で、

 

 

 

必要最低限のスペースが確保できない場合は3階建て住宅という選択肢になると思います。

 

 

 

3階建ては必要に迫られて建てる場合がほとんどだと言われていますが、3階建て住宅の価格や坪単価はどれぐらいが目安になっているのでしょうか?

 

 

 

ハウスメーカーでは主に2階建て住宅が主力なためお得なプランも用意されていますが、3階建て住宅は都会でない限りそれほど重要もなく、

 

 

 

基本的に2階建てと比べると3階建ては割高になると言われています。

 

 

 

同じ広さで2階建てと3階建てを建てる場合、1.5倍前後価格は高くなると言われています。

 

 

 

地盤改良が必要になった際には2階建てに比べて3割増しくらい〜2倍近くになるケースもあると言われています。

 

 

 

2階建ての場合は坪単価60万円程度で建てられたものが、3階建ての場合は坪単価80万円〜100万円程度必要になるという場合も少なくないようですね^^;

 

 

 

3階建て住宅に対応しているハウスメーカーは限られてきますが、

 

 

 

積水ハウスでは厳しい制限が少なく、間取りなどの要望がとおりやすく、理想に近い3階建て住宅を建てることが可能だと言われています。

 

 

 

積水ハウスの3階建て住宅には3つラインナップが用意されおり、HPに詳細が記載されていますが、具体的な坪単価や価格は一切記載されていませんね^^;

 

 

 

ちなみに積水ハウスで2階建て住宅を建てる場合の坪単価は65万〜80万円が相場だと言われていますので、この坪単価より割高になることは予想できますし、

 

 

 

大手ハウスメーカーの中でも価格が高い積水ハウスで3階建て住宅を建てるとなると、価格もかなり高額になると思います。

続きを読む≫ 2014/03/04 18:24:04